天井 壁紙 一人 で 貼る

ソニー銀行デビットカード オンラインカジノ

天井 壁紙 一人 で 貼る MIRAIが夏季合宿、ぱちんこ業復活のために熱い議論交わす

投稿日:

MIRAI夏季合宿2023_勉強会

MIRAIぱちんこ産業連盟(金光淳用代表理事)は8月22日~24日、北海道・札幌で「MIRAI夏季合宿2023」を開催。今年の夏季合宿には、会員企業33社75名が参加し、過去最高気温を記録した札幌市の暑さに負けない熱い議論を交わした。

1日目は、北海道・北広島市に新設されたプロ野球・日本ハムファイターズの本拠地でもあるエスコンフィールド北海道を訪問。参加者らは、特別に試合前の施設見学を行い、その後、臨場感あふれる試合を観戦した。エスコンフィールド北海道が目指すのは、野球を知らない人でも楽しめる空間。実際に様々な工夫がなされた球場設備や、エンターテイメント性溢れる演出を見た参加者らは、非日常空間の創造について大きな刺激を受けた。

MIRAI夏季合宿2023_エスコンフィールド北海道

プロ野球・日本ハムファイターズの本拠地でもあるエスコンフィールド北海道を訪問。

2日目。TKPガーデンシティPREMIUM札幌大通の会議室に場所を移した夏季合宿の前半戦では、ファイターズスポーツ&エンターテイメント 事業統括本部マーケティング部長によるビジネスセミナー「多様なパートナーと共につくる共同創造空間」に耳を傾けた。セミナーでは、「きつねダンス」等、同社がエスコンフィールド北海道で取り組んできた様々な企画、そこに至る過程や結果、今後の課題について語られた。

2日目後半戦は、パチンコ業界の課題抽出とその対策について議論。パチンコ・パチスロKAI総合研究所 上席研究員である元日遊協専務理事 篠原弘志氏による基調講話「ぱちんこ業復活のために何をすべきか」を聴講した後、9チームに分かれてのディスカッションが行われた。懇親食事会でも議論は継続され、その後の車座交流会ではカラオケショップの部屋を借り、企業の垣根も無く、役職の上下も無く、夜22時が過ぎるまで熱く語り合った。

MIRAI夏季合宿2023_車座交流会

車座交流会では、夜22時が過ぎるまで熱く語り合った。

最終日となる3日目は、前日のグループディスカッション(車座交流)の報告会。開始1時間前から会場に集合した参加者らはチーム毎の発表内容をまとめ、10時から行われた報告会では、パチンコ業界の未来を少しでも良くするための提案や、具体的な解決案について各チームが発表を行った。

この夏季合宿で議論され発表された内容については、MIRAI委員会がその内容を整理し、重要度・優先度の高いものから連盟の具体的な施策に落とし込んでいく。

-業界ニュース
-,

Copyright© ソニー銀行デビットカード オンラインカジノ , 2024 All Rights Reserved.